検索
  • ソライロ 学習支援

2022年11月13日活動報告★

みなさん、こんにちは!ソライロボランティアのかえです。(*^-^*)

11月13日に行われた第18回目の活動報告を行います!

今日のソライロも多くの生徒さんが来てくれました。

ボランティアさんは、少し人数が少なかったのですが、互いに協力、そして何より生徒さんの自立して学習する姿勢に救われました。笑

今回は、アイスブレイクから始まり、授業としては国語、数学、英語を行いました!


アイスブレイクは、日本の地図で神経衰弱を行いました。

一方はある都道府県の形をしたカード、もう一方はその件の特徴が書かれているカードです!

生徒さんは何度もこの神経衰弱を行なっているようで、先生にここは何県でしょう?と聞かれるとパッと答えてくれる生徒さんもいました。

(私は日本地図がとても苦手なので本当にすごいなと感じていました。汗)

分からず悩んでいる子には、ヒントを出して教えてあげる姿がとても温かかったです。

また、アイスブレイク終了後には、生徒さんから「道府県の位置を覚えたいので、ゲームを作って欲しい!」というリクエストがありました。今後作成していくようです。

さらに、日本地図マスターになっていく後ろ姿がとても眩しく感じます、、!

私も一緒に勉強しようという気持ちが強く残りました。



国語は、漢字の小テストを行った後、実際に過去の入試の文章問題、大問1つ分を解いてもらい解説を行いました。

漢字の小テストでは、毎回恒例のボランティアさんVS生徒さんの形で、ボランティアさんよりも点数の高かった生徒さんはポイントがより貯まる!というものを行いました。

ボランティアさん、全問正解でした(さすがです!)。ただ、負けず劣らず満点の生徒さんも多くいらっしゃいました!

問題演習では、登場人物の整理からどのようなストーリーであるかを黒板を使用したり、わかりやすい言葉に置き換えたり、状況のイメージを伝えたりしながら、丁寧に説明していました。

一方的に話す授業にならないように、なぜその選択肢を選んだのか、他の解答の誤りはどれかを生徒さんに質問をしながら進めていました。中には全問正解をした方も!


数学では、実際に入試の問題を解きました。

時間の制限など決めず、人それぞれ進めていくという流れで行っていました。それぞれの生徒さんの苦手なところを、ボランティアさんが教えていました。

分かったという声と笑顔を見ると、とても嬉しいなと感じます。分かるまで何度も質問をしている方もいました。



英語では、小テストを解いたのち、プリントの問題を解きました。

小テスト、正答率がどんどん上がっているように思いました。

問題のプリントは、入試の問題を解く前の練習だということです。

先に、語彙の確認をしてから、解くという流れでしたが時間を半分以上残して素早く終わっている子も多くいました。

凄く丁寧な解説で、重要な点、間違えやすい点を生徒さんにも質問をしながら、下線を引くことも誘導しながら楽しく授業を行っていました。

久しぶりに参加させていただいたのですが、生徒さんの知識量、正答率がとても高くなっているなと感じました。ご本人とボランティアさんの共同の努力の結果であり、本当に頭が上がらないなと感じました。

得て不得手があると思いますが、最後まで一緒に駆け抜けていきたいです。23日の模試で結果が出ますように。

閲覧数:16回0件のコメント

最新記事

すべて表示