top of page
検索
  • 執筆者の写真ソライロ 学習支援

清秋の下で

こんにちは。ソライロ社会人スタッフの黒木です

。10月になりました。まだまだ暑いですが、少しは過ごしやすくなりましたね。過ごしやすくなったのは人間だけじゃないようで、地球沸騰により鳴りを潜めていたあの虫、そう、蚊! が今頃になって精力的に活動しているのです。困ったものですね ( ノД`)…


さて、今日のソライロは、先日の模試の結果返却と面談。授業は英・社・理です。


模試の結果はそれぞれ思いの外良かったり悪かったりあったでしょう。でも大事なのは目指す高校と、その目標得点に対して、今の自分の立ち位置を知ること。目標との差がわかったら、残り数ヶ月でその差を埋めていけばいいのです。


英語は過去問を少し短縮したものにトライ!

年々難易度の上がる都立入試過去問をそのままノーヒントで解くのは難しいので、ひよ先生が3ステップで解き方を解説。それを踏まえて上で取り組んでいました。ボランティアも一緒に考えますが、う~ん、なかなか難しい! 選択肢があるものの、その微妙な違いを把握するには、みんなもうちょっと時間がかかりそうですね。ガンバレ!(o´・∀・)o


社会は日本の歴史黎明期です。


授業で眠たくなる! と言われてしまう歴史ですが、りょうた先生の爆笑マシンガントークでぐいぐいみんなを歴史の世界に誘います。史実は生き残った人が文字で記したため、誇張した武勇伝になりがちとのこと、納得ですね。聖徳太子って本当に多数の人の意見を同時に聞けたのでしょうか、、、!? でも、そんな太古の昔のことに思いをはせ、楽しみながら取り組むと、学習が捗りそうです。


最後は新人さち先生の理科。


今日は生物分野、人体の話でしたが、学生としてもこの分野の専門を勉強している先生ならではの授業で、小腸って6m以上もあるの? 心臓から出ていく動脈は太くて硬い! など、図や具体例を示してみんなを惹きつけます。さらに人体なので、実際に体を動かしたり触ったりすることで、よりイメージができたと思います。もちろん、それだけで問題を解けるようになるわけではないですが、ニガテに感じる人が多い分野だけに、その解消として大役を担った今日の理科でした。


次は3連休の最中、10/8(日)の実施です。インフルエンザ等の感染症が徐々に流行ってきています。生徒たちの健康を祈りつつ、我々スタッフも十分に注意したいと思います。


閲覧数:15回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page